PowerQuery

PowerQueryでWebページからテーブルデータを取り込んでリストを作る

今回は、Webページ内のテーブルデータをPowerQueryに取り込み、リストを作成します。

ネコヲ
ネコヲ

作成するリストは、「モー娘。全メンバーリスト」だよ!

Webページ内のテーブルデータとは?

Webページ内のテーブルデータとは、こういうやつです。

このテーブルデータを利用して、「モー娘。全メンバーリスト」を作成します。

PowerQueryを使ってテーブルデータを取り込む

ネコヲ
ネコヲ

今回は、Wikipediaを使っていきまっしょい!

①URLをコピー

まずは、Wikipediaの「モーニング娘。」ページを開き、URLをコピーします。

 

②PowerQueryに取り込む

空のExcelを開き、①データタブを選択し、②「Webから」をクリック。③「Webから」という入力ウィンドウが開くので、コピーしたURLを貼り付け、OKを押します。

 

新たに、ナビゲーターウィンドウが開きます。

 

①「複数のアイテムを選択」にチェックを入れ、②取り込みたいテーブル(※ここでは現役メンバーとOGメンバーのテーブル)にチェックを入れます。チェックを入れると、右側にテーブルビューが現れます。テーブルビューを確認し、③「データの変換」をクリックします。

 

PowerQueryのエディター画面が開きます。

 

③クエリ名を変更する

ディター画面の左側「クエリ」名をダブルクリックし、「グループ名+(現役 or OG)」に変更します。

 

クエリ名を修正したら、右上の「閉じて読み込む」をクリックします。

 

ワークシートにデータが出力されます。

④2つのクエリを結合する

次に、2つのクエリを1つにまとめます。

ワークシートの「データ」タブから、「データの取得」→「クエリの結合」→「追加(A)」をクリックします。

追加ウィンドウが表示されたら、「2つのテーブル」が指定された状態で、最初のテーブルと2つ目のテーブルを指定し、OKをクリックします。

2つのクエリがまとめられたクエリが新たに作成されました。

クエリを閉じて統合されたワークシートを確認するとうまく結合されていません。
「生年月日(年齢)」列が2つ作成されている。

 

⑤クエリ名をあわせる

じつはクエリを結合するには、テーブルの項目名をあわせておく必要があります。

 

クエリのエディター画面に戻り、「モー娘。現役」と「モー娘。OG」の項目名を一致させます。

ワークシートに戻り、シート上の任意の場所で右クリックして更新します。

 

名前を一致させた項目が、まとめられています。

次回以降は、ワークシート上で更新をかけるだけで、Web上のテーブルデータの情報が反映されます。

まとめ

PowerQueryというExcelにそなわる機能を使って、「モー娘。歴代メンバーリスト」を作ってみました!

ネコヲ
ネコヲ

「現役アイドル」なのか「元アイドル」なのかがタイムリーに判断できるぞ!

猫雄
猫雄

誰がいつ加入して、いつ卒業したのかもわかるね!

作成したリストの使い道↓

参考にした書籍↓

スポンサーリンク
ゆるむ U-ROOm
タイトルとURLをコピーしました