サーバーサイト管理

ワードプレスでPHPいじったらサイトが消えて頭真っ白になった話

ワードプレスで不明点があり解決法をググったところ、説明がとても分かりやすいサイトにたどり着きました。

そのサイトによると、

こちらのコードをfunctions.phpにコピペすればOKです。

と書いてあったので、

猫雄
猫雄

コピペすればOKなんて、めっちゃ楽や~ん!

ってな感じで、そのサイトの手順どおり、コードをfunctions.phpにコピペして実行したところ…

.
.
.
.

どど~ん!!

上の画像のとおり重大なエラーが発生しましたとメッセージが現れ、なんとサイトにアクセスできなくなりました。

猫雄
猫雄

ガーン!!ショックでか!!

ワードプレスの管理画面に入ることができず、このページからも抜け出せない。

頭の中はパニックです。中高年の心臓には耐えられない動悸が発生し、顔面蒼白です。

オタオタしながらどうなったかというと...なんとか自力で解決できました!

この記事は、サイト復旧までの備忘録です。

猫雄
猫雄

わたしと同じようなメッセージが出た方の参考になれば幸いです。

エラーメッセージ冒頭「Parse error: syntax error,」をググる

頭の中がパニックになりながらも、まずはエラーメッセージになにが書いてあるのか理解せねば(汗)と冷静に思い至りました。

メッセージ冒頭の「Parse error: syntax error,」をググったところ、たくさんの記事がヒット!

リサーチの結果、「Parse error: syntax error,」から始まるエラーメッセージで見るべきポイントは3つだとわかりました。

  1. エラー内容
  2. エラーファイルとサーバー内の保管場所
  3. エラーのある行(付近)

わたしのエラーメッセージを例にとると、サーバー内のfunctions.phpファイルの22行目付近に文法エラーがあると書いてあるようです。

22行目確定ではなく、22行目付近です。

サーバーの管理画面にログインしてfunctions.phpを探す

次に取るべき行動は、ワードプレスのサーバーにアクセスし、functions.phpファイルの文法エラーを修正することです。

ただ、わたくし、PHPについて何の知識も持ち合わせておらず、どこがどうエラーになっているのか、皆目見当もつかず。

ゆっさん
兄・ゆっさん

そんなんでよくコピペ実行したよな。

猫雄
猫雄

そんなんだからコピペ実行したんだよ!

なので、コピペした部分を全部消し、上書き保存で解決を図ることにしました。

ワードプレスサーバーのXsereverにアクセスし、ファイル管理をクリック。

ウインドウが開いたら、問題のコピペ部分を全部選択し、Deleteで削除→更新をクリック。

この処理を行った後、恐る恐る、サイトにアクセスしてみると…

見事復活していました!!!!!!

猫雄
猫雄

まじ焦った~!

ゆっさん
兄・ゆっさん

よかったな。これから気をつけろよ、ったくよ~。

ゆっさん(心の声)
ゆっさん(心の声)

全く持って復旧しなくてもよさそうなサイトだな…(なんだよ未成年アイドルって)

今回の教訓

猫雄
猫雄

いや~、ネット情報をうのみにして、よく知らないPHPをいじることが如何に危険であるか、よくわかりました(笑)

functions.phpは、ワードプレスの主要部分らしいので、いじるならちゃんと勉強しないとダメですね汗 htmlをいじるのとは訳が違う涙

(ワードプレスの編集画面にも、警告文が書いてあった)

今回わたしがコードのコピペで参考にした記事は、2019年に投稿された記事でした。実はPHPコードのコピペで解決を試みたことは、2022年現在、ワードプレステーマのウィジェットに実装されていたことが判明。

つまりPHPコードをいじることなく、ほぼマウスのドラッグ&ドロップで解決できたのです。

猫雄
猫雄

知らないって怖い((;´д`)トホホ)

ワードプレス&周辺の進化は早いので、 リサーチの際、記事投稿日と更新日の確認はマストですね。

エラー対応で一つ勉強になりました。(中高年は焦ると心臓バクバクして血圧高まるので本来エラーは避けたいところですが)

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ゆるむ U-ROOm
タイトルとURLをコピーしました